人の心の力学

私のオリジナル格言に、

「器の大きな人が、器の小さな人に頭を下げるとうまくいく」

というものがあります。(1年半くらい前に、勝手に作りました)

ふつう、人生経験や社会的地位など、目上の人には頭を下げますね?

そして、目下の人には少し偉そうに振舞ってしまいませんか?

あえてその逆をやる。

前者には、

会話や態度で”人間として”対等な立場を保つよう努力して、

何か1つ、未熟な自分からでも相手に与えられるものがないか、考える。

・・これは、謙虚さや敬意を忘れてよい、ということではなくて、

あくまで自分という人間の価値を必要以上に下げる必要はない、という意味。

何より本当の人格者は、相手にそのような態度は求めていないので、

むしろ、対等に接することで、刺激を受けて感謝してくれると思います。

一方、後者には、

日ごろの感謝の気持ちや、相手への敬意を目いっぱいあらわして、彼らの存在を十分に認めてあげる。

誰でも、認めてほしいものだから。

その数が足りない人には、自分がその機会を100回でも与えてあげる。

これは、大体の確率でうまく作用して、

結果として良好な人間関係が構築できる気がします。

書きながら気づいたのですが、

どちらの人間に対しても、「何かをもらおう」ではなく、「何かを与えよう」、という

気持ちで接する、ということがキーなのでしょうか?

ちあき流、心の力学でした。

たまお大先生↓

daisensei2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

じぶん会議