自分らしくない自分に身を委ねる

「いつも通りに自分らしくある」ことだけが「自分らしさ」のすべてではない。

自分のなかに普段は眠っている「たまには自分らしくないことをするという自分らしさ」。

これは、さなぎを破り、自由に空を舞う、美しい蝶への成長プロセスのような

「自立」から健全な「相互依存」のフェーズに移行するときに感じる、成長痛のような痛みなのかもしれません。

その痛みを、「すべての選択と結果は、歩むべき自分らしい人生において必要だったのだ」という自信に変えて。

合わせて、気になることは後悔ないようにしっかりやりきって。

そしたら、きっと必ず、よりよい舞台が用意されているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です