「ストレスマネジメントとポジティブ心理学(マインドフルネス)」テーブルセッションが終了

日本工学院や昭和女子大にてデザインを学んでいる生徒さんや卒業生の皆さんなどを対象に「ストレスマネジメントとポジティブ心理学(マインドフルネス)」と題したテーブルセッションを行いました(^^)

機会をくれたのは以前にグロービス大学院の単科クラスで組織心理学を学んでいた時のクラスメート、Yoshinori Shimousa a.k.a.うささん。実はお家もご近所で起業仲間でもあり、なにかとご縁が続いている大切な友人です。今回の参加者も大半がうささんの教え子の方でした(^^)

学校ではデザインの勉強できるけど、社会に出たあとにほぼ大半の人がぶつかるアイデンティティの崩壊(自分の大好きなデザイン性がこっぱみじんに否定される経験)への対策や、デザインをどう社会的価値に変えていくかの転換スキル、マーケティングや経営戦略など…はなかなか学ぶ機会がない。

そんな各領域について深掘りできるテーブルがいくつか用意され、参加者は興味のあるテーブルについてセッションやワークを行うというとても楽しいスタイルでした。

やりたいことや「自分はコレをすることで人を幸せにできる!」と信じられる武器(デザインやものつくり)を持っているぶん、ぶれない軸がしっかりある。けれども、それを社会に貢献していくステージに立った時にやってくる壁•壁•壁への拒否反応。

そんな時、いかに心を穏やかに健やかに保ちながら、しなやかに壁をひょいと超えていくのか。今日からできる簡単なポジティブ心理学介入ワークや、瞑想も行いました♪

参加して頂いた皆さんが、精神や心を保つスキルと、デザイン技術だけでなくビジネス的な視野もバランスよく身につけていく大切さを感じ、掴み取っていける場になったのであればこの上なく嬉しいです。

うさちゃん、りょうこさん、ちびうさちゃん、この場に招いてくれて本当にありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です