「ホンモノ」の匂い

くんくん、

くんくん、

ふいに感じる「ホンモノ」の匂い。

なんだかぞくぞくする、強い影。

どこからが「ホンモノ」で、どこまでが「ニセモノ」かなんて

そんな線引きは、私にはできない。

でも

「ホンモノ」が放つ匂いだけは、

どこからか、

ぷいんとやってきて、私をとらえて離さない。

共通しているのは、たぶん、

びっくりするくらい実力があるのに、

びっくりするくらい謙虚なこと。

いつも「他人」とじゃなくて「自分自身」と戦ってること。

今の自分は、「何ができて、何ができないのか」、等身大の自分を知っていること。

だから虚勢もはらない。

どんな時も、立ち止まらないで、進み続けていること。

一秒一瞬が、いつでもシンケンなこと。

そんで、極めつけが、

人としての礼儀も、備わってるってこと。

5分話しただけで、

ぷいんと何かを匂わせることのできる、

「ホンモノ」な人達。

すげぇなぁ。

「自信」のバロメーターを、

他人に作らせるのではなくて、

自分の中で作っていってる。

そんな匂いを知らず知らずに放ってる

生き方をしたいものですねぇ。

kunkun.jpg

くんくん かぎ分けができる、たまお大先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です