「常識」バラバラ事件

人は、見たいものを見て

感じたいものを感じてる、らしい

何ともうまくできている

いい意味でも

わるい意味でも。

そこにあるのに見えなかったり

そこになくてもなぜか感じてみたり

虹色にダークな陰を見たり

透明な水を青と見るかも

ぜんぶ

じぶんしだい

みんなが素敵という場所が、素敵と思えなくても

みんなが憧れる仕事に価値を感じられなくても

みんながけむたがる人になぜか興味がわいても

理由はなくても

いんじゃないかね、それで

たぶんそれが答え

だってそもそも、

「みんな」って誰だろう

じぶんの周りの数人のこと?

日本人やアメリカ人が作った常識の話かなぁ

果たして世界中の人口のどれくらいがそう思ってるんだろう

内側からくる引力に五感を傾けて

行きたがっているとこに

行かせてみるべし

見たいもの、感じたいものが

ちゃんと「そこにある」ほうが

幸せなはずだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です