「第3回デザイン×経営学勉強会」にて「マインドフルネスとストレスマネジメント」に関するテーブルセッションを行いました

先日、「第3回デザイン×経営学勉強会」にて「マインドフルネスとストレスマネジメント」に関するテーブルセッションを提供させていただきました!

この勉強会は年々参加者の方が増えており、今回も介護医療領域の技術者の方や、多摩美術大学の方、学生さんやアートディレクターとしてご活躍の方など、たくさんの方とセッションを行うことができ、とても楽しかったです^^ 少しでもお役に立てたら幸いです。

毎回、提供側としての役割のみならず、「デザイン経営」というテーマのもとグローバルの第一線で活躍するデザイン経営領域の方の観点が学べて、またそれらは弊社が専門とする組織開発や心の課題に本質的につながることも多々あり、非常に勉強になりました。

ちなみに、「機能不全の家庭環境や、希薄な愛情の元育ったこどもたちが心を失わないために、そういった境遇で育った人たちがポジティブに自分らしく希望をもって生きていけるような支援」も私の人生ビジョンの中にあることなのですが、思いもよらないところでこういったビジョンを共にする方との出会いもあり、これからの活動がまた楽しみになりました。

グロービスで出会ったお仲間であり、デザイン経営コンサルタントの下總 良則 (Yoshinori Shimousa)さんには毎度感謝です!ご参加くださった皆様、久しぶりにキャッチアップできた皆様、他講師の皆様、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です